冬のつわりを軽くするセルフケア

  • URLをコピーしました!

こんにちは。

ハリナ堂鍼灸院(@ハリナ堂鍼灸院)です。

12月になり冬らしい気温になりましたね。

今日は \寒い季節のつわり/ でお悩みの方へむけた、ご自分でできるケア方法をお伝えします。

Contents

冬のつわり ここがつらい!

  • 室内に入ると、ムワッとして気持ち悪い・・・
  • ハイネックもマフラーも出来なくなった・・・(首に何かを巻くと気持ち悪くなる)
  • 外出のたびに芯から冷えてしまってつわりが辛くなる

冬の時期のつわりの方からよくお聴きするお悩みです。

冬のつわりにオススメケア

そんなときのオススメのケア方法をご紹介いたします。

妊娠中のつわり症状は体の状態をよりよくすることで、症状がでにくくなります。

寒い冬はとくに対策を強化してみるといいかなと思います。

冬のつわり対策①腹部を圧迫しない

  • 下着
  • 腹巻き
  • レギンス
  • 洋服

ウエスト部分にいくつもゴムがきていませんか?

重ね着をする冬だと、知らず知らずかなり圧迫されている方も。

「ウエスト部分にゴム跡がつかないように」がウエストサイズの目安です。

きついものは、とりあえず恥骨ラインまで下げてしまうのもオススメです。

妊娠初期でもマタニティー用の下着やタイツなどがあれば安心です。

トコちゃんベルトで有名な青葉の腹巻きはお腹が締め付けられない腹巻きで快適ですよ。

お腹に後がつかない腹巻きです。寒い季節に安心な厚手タイプ

冬のつわり対策②下半身の冷え対策

冷え対策は下半身を重点的に。

  • マフラー
  • 手袋
  • 帽子

と上半身ばかりになっていませんか?

  • 腹巻き+厚手靴下+ブーツ
  • 冷える場所に行くときは足首内側、腰に貼るカイロを

冬のつわり対策③こまめに水分を

こまめに水分をとよく耳にしますよね。

冬は空気が乾燥している割に気温が低いため、喉の乾きに気が付きにくいため、知らず知らず水分不足になりがちです。

とくに妊娠中は水分が不足すると、血液も悪くなりがちで、つわりに繋がっていることも。

水筒に白湯をいれて、こまめに飲むなどオススメです。

オススメの水分は・・・

カフェインレスの温かなもの
  • 白湯
  • 番茶
  • ハーブティー

などオススメです。温かなものを保温できる水筒などに入れておくと、手間もかからず便利です。

ハーブティーは香りによって、飲みやすい飲みにくいがあると思います。好みの香りのものが見つかればリフレッシュにもなるかと思います。

オススメしない水分は・・・

利尿作用があって水分補給にならない
  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • 栄養ドリンク

など、カフェインが多く含まれるものは、利尿作用があるため、水分補給にならないのでご注意を

体を冷やす飲み物
  • 麦茶

麦は体を冷やす性質があるので、夏はオススメですが、冬は避けたほうがいいかなと思います。

冬のつわり対策④昼寝

妊娠中はお腹の中で赤ちゃんを育んでいます。

24時間献血しているようなものです。

非妊娠時に比べて、疲れやすくなります。

また、寒さは交感神経優位(緊張した状態)になります。

疲れを自覚しにくくなるため、時間を決めて日中横になるようにするといいのですがいかがでしょうか。

できれば、お昼寝できればベストです。

冬のつわりにオススメのツボ

冬のつわりにオススメのツボとして、体をあたためるツボをご紹介します。

妊娠初期の方へ

セルフケアでお灸をするには注意が必要な時期です。

腹巻き厚手の靴下などを利用して、オススメしたツボの場所を冷やさないようにご注意くださいね。

貼るカイロなども便利です。

ツボ押しはオススメしません。

強すぎるツボ押しは逆に冷やしてしまう場合があるためです。

冬のつわりに ツボ①腎兪

腰にあるツボです。

冬は腎と関わりが深い季節です。

冷えや疲れが気になるときはとくに、ゆったりした服装で、腰を温めながら横になって休むといいと思います。

  • つぼ押しはオススメしません。

冬のつわりに ツボ②関元

お臍と恥骨の間あたりにあるツボです。

体の元気を作るツボです。

冷えないように腹巻きなどをご利用くださいね。

  • つぼ押しはオススメしません。

冬のつわりに ツボ③太谿

足首内側にあるツボです。

冷えてしまったとき、お疲れのときにオススメです。

  • ツボ押しはオススメしません

冬のつわりのケアとツボ まとめ

冬のつわりにオススメケア

  1. ウエストを圧迫しない
  2. 冷え対策は下半身強化
    • 貼るカイロなどであたためる
    • ツボ太谿、関元
  3. こまめに白湯など飲む
  4. 昼寝をする

冬のつわりにオススメのツボ

  1. 腎兪
    • 腰にあるツボ
  2. 関元
    • お臍の下にあるツボ
  3. 太谿
    • 足首内側にあるツボ

いずれのツボもツボ押しはNGです。

冷えないように温めてくださいね。

セルフケアで改善しない場合は

今回は寒い季節で、冷えからのつわりのケアをご紹介しました。

  • 冷えが強い場合
  • 冷え以外の原因から体調が優れない方
    • ストレスが強い
    • 疲れ
    • 胃腸の不調

など様々な原因から体調が整わない方がほとんどかもしれません。

セルフケアで改善しない場合はお近くの鍼灸院にもご相談くださいね。

ハリナ堂鍼灸院ではお一人お一人のお体に合わせた施術をいたします。

鍼やお灸はここちよくウトウトされる方も多いです。鍼灸が初めての方も安心してご利用くださいね。

他のつわりのセルフケア記事

谷田部 優美(やたべ ゆみ)
はり師きゅう師(国家資格)
マタニティー・産後・子育てママ向け
ハリナ堂鍼灸院開業7年目

逆子、つわり、安産ケアが得意です。

私自身第一子の陣痛が長くなり、
産後の回復に苦労しました。

第二子以降はお灸を取り入れ
快適な妊娠期を過ごせ、
陣痛も1時間、深呼吸で産まれてきてくれました。

この経験から、
初産婦さんでも
深呼吸で産める体作り、

産後の早期回復
をサポートしています。
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる